ネット証券の手数料ってどのくらい?

【口座入金額が多いとIPO抽選回数が多くなる】IPOの抽選で効果があるのは口座の数が多いことだけではありません。
たとえ口座数が少なくても資金が多ければ、それだけで有利になります。
なぜなら入金額が多ければ多いほど抽選回数が多くなるシステムを採っている会社があるからです。
例えばSBI証券の場合ですが、この会社では他社で採用されている「完全平等抽選」ではなく、1人で何票でも申込ができるシステムが採用されているのです。
つまり資金の量によって抽選回数が決まるシステムなのです。
具体的に言いますと、IPO株100株の申込に対して1回の抽選できるようになっているのです。
したがって300株の申込だと3回の抽選、500株の申込だと5回の抽選ができることになります。
この方法だと、資金量が多い人が圧倒的の有利になります。
ネット証券手数料比較!初心者おすすめランキング【口座開設】