住宅ローンの減税と頭金とは?

住宅を購入する時、住宅ローン減税という税金の控除制度の申請が出来ます。
これは、住宅取得者の金利軽減負担を考慮した措置で、住宅購入した後に申請すれば、10年間控除されるという物です。
控除される額は、その年末の住宅ローン残高より、1%となっています。
所得税と住民税から控除されるので、10年間は所得税と住民税が多少安くなるのです。
住宅を購入する際に、頭金を出して購入する方も多いと思いますが、頭金はなるべくなら初めに沢山出した方が良いと言われています。
頭金を多く出す利点としては、やはりその後の返済が楽になるからです。
住宅ローン減税の制度を利用しつつ、毎月の返済額も少ない方がお得ですよね。
今は頭金0円から住宅が購入できますが、毎月の返済の事を考えたら、多少なりとも出しておいた方が良いです。
住宅ローン減税申請のための必要書類は?