カラコンが痛い場合はどんな理由がある?

カラコンが痛い時には、裏表を間違えている、消毒液の使い方を間違えているといった単純なミスが原因の時もあれば、眼病が隠れているときもあります。
中には、連続装用時間を超えてつけたまま寝てしまうなど、使用方法に問題がある場合もあります。
安易に考えてカラコンの間違った使用方法を続けないようにしましょう。
カラコンは、柔らかい材質で出来ていますが、瞳そのものを覆ってしまう作りになっていますから、つけっぱなしで過ごしていると酸素不足になり、角膜が透明度を失う病気に発展することがあるのです。
また、炎症が起きているときに無理に使用を続けることも目の健康に良くありません。
痛みを感じる時には、使用を休止して、眼科を受診しましょう。