クレジットカード審査落ちる原因

クレジットカードを作りたいと思って申し込んだのに、審査の段階で落とされて結局カードが作れなかったという経験をした人も少なくないと思います。
落ちる理由の一つとして、最大の原因が昔でいうサラ金を利用したことがあるかどうかということです。
今はグレーゾーン金利の撤廃に伴い、大手消費者金融も都市銀行系列になったことで信用性も上がりましたが、それでも借入れ先が何軒もあると審査落ちしやすいです。
他に、収入所得も重視しています。
カードを利用しても返済能力があるかどうか、ということです。
大抵の場合、クレジットカード発行先では審査も短時間で終了し、よほどのことが無い限り発行されます。
金融機関系のカードを作る場合は、基準が多少厳しいので時間もかかるし、一度落ちていると同じ金融機関の本支店では再度申し込んでも作れないケースが多いです。
さまざまな企業がクレジットカードを発行しており独自のサービスなどをやっていますが、自分が使いやすいカードを数枚に限定するのが上手いカードの使い方だと思います。
クレジットカード審査の不合格の理由とは?